So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

プロペラのバランス取り [Know How]

電動用カーボンプロペラはメーカー出荷時点でバランス取ってありますが、
完全ではありません。
私も昔は箱出し状態で使っていましたが、ある時微妙な振動音が気になり、
バランスを取ってみたらピタッと止まった経験があります。
というわけで、今は必ずプロペラバランスを取っているので、その方法です。

マグネット保持式バランサーが微妙なバランスが検出できるのでGoodです。
(このK&Sのはもう手に入らないかも。OK模型のは販売中)
IMG_6448b.jpg

まず、プロペラ垂直方向を見るため、バランサーを横に倒して測ります。
メーカでは垂直方向はバランスを取っていないので、これが合っているプロペラには
お目にかかったことがないです。
IMG_6450b.jpg

重い方のハブを削ります。
#40くらいの紙やすりか金工ヤスリでガシガシ削ります。
このくらい削らないとバランスが取れないのは普通です。
(プロペラシャフトからの距離が短いので仕方がない)
IMG_6451b.jpg

ここから水平のバランスを追い込みます。
軽い方の先端にセロテープを大きめに貼っておきます。
ちなみにセロテープを貼るのは前縁側です。(後縁側だと飛行中に剥がれます)
IMG_6452b.jpg

IMG_6453b.jpg

バランスが取れるまで少しずつセロテープをカットしていきます。
ほんの少しのセロテープが残るだけですが、これが効くから止められない。
IMG_6454b.jpg

バランスが取れたらセロテープを綺麗に貼り付けて完成。
電動ペラならセロテープで問題なし。エンジン機は燃料がかかるのでNGでしょう。
最後に水平、垂直のバランスを確認して終了です。
IMG_6455b.jpg

IMG_6456b.jpg

本当は水平垂直だけでなく360度全方向でやれれば完璧ですが、良い方法が
分かりません。良い方法あれば教えてください。

ちなみにプロペラは静バランスだけ取れば大丈夫です。
ダイナミックバランスが不要な理由は、以前の記事を御覧ください。
コメント(3) 

木箱の開け方 [Know How]

BJ Craft製の機体が入っている木箱の開け方。
IMG_6385b.jpg

使うのはマイナスドライバーのみです。

4隅のいずれかにドライバーを差し込みます。
釘で打ち付けてありますが、差し込みやすいところを探します。
IMG_6386b.jpg

少しこじってやると隙間が広がるので、隣の釘打ち部に移動。
IMG_6387b.jpg

同様にして1周こじる。この際、一気に開けようとせず半分くらいにしておく。
(一気にやると、上蓋が割れて面倒なことに)
IMG_6388b.jpg

全体が開いたら手で持ち上げれば簡単に蓋が取れます。
IMG_6389b.jpg

正しいやり方かどうかは知りませんが、私のやり方です。

コメント(0) 

OS製ベルトリダクションモーターの変色について [Know How]

OS製ベルトリダクションモーターが変色してしまうのは紫外線が原因です。
51020260_3b.jpg

このモーターはアルマイト加工されているのですが、処理には有機染料が
使われているため、紫外線によって変色するのは避けられません。
特にF3A機は飛行後にキャノピーを外してモーターが剥き出し状態で放置
されることが多いので殊更です。

これからは過ごしやすい時期になりますが、紫外線の量は依然多いので
飛行後にはカバーをかける等して紫外線対策すると良いと思います。


コメント(0) 

送信機のお手入れ方法 [Know How]

送信機のお手入れしていますか?
とうのもプラスチックにメッキしてある箇所は油汚れが大敵なのです。

エンジン機で燃料を扱った手にはニトロ成分が付着しています。
自分は電動機でも、クラブ員の機体保持等で飛行場には危険が一杯。
その手で送信機を持つとメッキパーツに転写されます。
そのまま放置しておくと、最悪の場合、メッキが剥がれてしまうのです。
(経験者です)

電動機だけなら安心ですが、18MZ WCのようにピカピカのメッキ
外装が多い送信機だと、手垢や指紋も気になりますね。

以前、フタバのカスタマーサービスに外装交換修理に出した際、
何とかメッキ剥がれが防げないか聞いたら、「毎回拭く」という
対策しか無いそうです。

前置きが長くなりましたが、私は飛行場から帰ったら水で濡らして
固く絞ったガーゼで毎回拭いています。
水拭きだけだと痕が残るので、最後にシリコンクロスのから拭き仕上げ。
これでいつまでも綺麗な状態を保てますよ。

IMG_6348b.jpg

コメント(0) 

P-19参考資料 [Know How]

長畑さんからP-19参考資料の掲載依頼がありましたので下記に登録しました。
また、当店ネットショップHPバナーからもどうぞ。

P-19参考資料

P-19.jpg

ご存じない方の為に補足しますが、長畑さんは日本無線航空連盟ジャッジであり、
P-19パターンの演技内容について、詳細に説明されている資料となります。
個人の責任で作成された資料ということで参考扱いになっていますので念の為。

コメント(0) 

キャノピー接着時のTips [Know How]

キャノピー接着時のテープ押さえ

IMG_5947b.jpg

このようにテープを貼れば、キャノピー前部に隙間が出来ません。
なお、上キャビンを胴体に付けた状態で作業しないと、ねじれが生じる
可能性があります。
コメント(0) 

放電器の電流計算 [Know How]

GFORCE製GD200放電器の電流電圧設定値が分からないという問い合わせが
何件かありましたので、簡単な計算方法のご紹介。

まず、GD200は最大放電電力が200Wとなっています。

リポ5セルの場合、満充電時の電圧は21Vです。
この場合、放電器に流せる電流値は200(W)÷21(V)=9.5(A)までとなります。

(電圧(V)と電流(A)を掛けたものが電力(W)なので、電流値を知りたい場合は
 電力÷電圧と覚えてもらえれば良いかと)

次は放電終了電圧値ですが、ハイペリオン充電器のようにパーセント
設定が無いので、電圧値をそのまま設定する必要があります。

通常、ストレージは60~70%に設定していると思いますので、その時の
電圧は3.8~3.9V/セル相当です。
5セルの場合は、3.8(V)✕5(セル)=19(V)もしくは3.9x5=19.5(V)となります。

GD200の左側表示には電圧値19(V)、右側には電流値10(A)を設定し
スタートさせればOKです。

G0270_2b.jpg

あれっ?上の説明と電流値が違うと思われた方はスルドイ!
実はGD200は流せる電流値を内部で計算し、上限以上の場合は自動的に
下げてくれる機能があるのです。
よって覚えやすい10Aで設定しておけば大丈夫なのです。


コメント(0) 

バスコークの有効期限 [Know How]

最近、バスコークがなかなか固まらないのは、寒いせいだと思っていました。
シリコーン変性系が固まるには湿度が必要だと聞いていたからです。

ところが、新たに買ったバスコークの説明文を良く読んだら、

「有効期限:製造後18ヵ月」の表示が!
「有効期限を過ぎると固まらなくなる場合があります」とも書いてありました。

IMG_5773_b.jpg

IMG_5778_b.jpg

固まらない原因はこのせいだったのね。
接着剤のイメージで、有効期限があるとは思いもしませんでした。






コメント(0) 

落下防止ボルト [Know How]

脚の取り付けボルトを胴体上側から付ける機種が増えました。
特に電動機だとバッテリー台の下に脚台座があるので、
取り付け取り外しが面倒です。

ボルトだけだったら当店でも扱っているBONDHUS製の
プロホールド・ドライバで落とさずに付け外しが出来るのですが、
ワッシャーはダメです。

簡単に作れる良いものはないかと寝ずに考えました(嘘)

材料はコレだけです。
ボルトに加えて爪付きナットとシリコンチューブです。
IMG_4406.jpg

まず爪付きナットの爪をペンチで元に戻します。
コキコキ揺らせば簡単に折れるので取ってしまっても良いです。
IMG_4407.jpg

爪付きナットをボルトに最後まで入れます。
この向きに入れるのがミソです。
IMG_4408.jpg

適当な長さ(13mmくらい)のシリコンチューブを頭に被せます。
IMG_4409.jpg

ワッシャー付きボルトの完成です。
所要時間10分くらいのお手軽工作。
IMG_4410.jpg

HEXドライバー先端をシリコンチューブに刺すだけで、
ボルトとワッシャーが落ちません。
IMG_4411.jpg

IMG_4412_1.jpg


コメント(0) 

Hyperion製G7 5S 5200mAh シリコン-グラフェン HvLi 使用上の注意 [Know How]

Hyperion製G7バッテリーについて、使用上の注意点を連絡します。

※飛行後はなるべく早くストア充電をかけ、3.8V/セル以上になるようにお願いします。

理由
G7バッテリーは内部素材の違いにより、従来のバッテリーと異なる管理が必要に
なります。3.8V以下の電圧で保管すると急激に電圧が下がり、セルバランスが著しく
崩れやすくなります。なおセルバランスが崩れた場合は、数回の馴らし充放電を行って
いただければ復活するようです。

ご不便をおかけしますが、よろしくお願い致します。
コメント(0)