So-net無料ブログ作成

32MZ発表 [パーツ]

FUTABAからハイエンドプロポの32MZが発表になりました。

32MZ_b.jpg

まず外観ですが、画面が2つになり、上部はテレメトリーやタイマーといった
すぐに確認したい項目が表示されるようになります。

サイドのスライドレバーは無くなったようです。
スライドレバーは裏面に移りました。
F3Aの場合、殆ど使われないので関係ないでしょう。

アンテナが見えませんが、送信機の後ろ側に付いているようです。

メカ的には、スティックが非接触ポテンショメータになりました。
従来の抵抗式ボリュームはどうしても経年劣化するので定期的な交換が
必要でしたが、フタバ曰くこれは半永久的に使えるそうで、嬉しい変更です。

32MZなんだから32chなの?と思ったのですが、システムは
FASSTest18CHで変わらないみたいです。
では何が32なのかは、今のところ不明です。

受信機はR7108SBが付属になります。
型名的にみてR7008SBの上位版かな?

最後に価格ですが、295,000円(税別定価)です。
18MZ WCが278,000円だったので、少し高くなります。
この価格に見合う内容であることを期待します。
詳細は4/19から始まる北京ショーと5月のホビーショーで発表だそうです。
実売価格はもう少しお待ち下さい。

発売は2019年2Q~3Q(つまり9月頃になるかも)
その間どうするの?というわけでは無いでしょうが、18MZ WCも併売です。
価格はなんと15万円(税別定価)と、劇的に安くなります。
ただし、受信機は付きません。RSセットを買うと受信機がダブるので
いらないという声が多かったらしいです。
ハードケースの代わりに布製ケースが付くそうです。
こちらは5月中旬から発売です。



コメント(4) 

デジコン [パーツ]

クラブの方からデジコンプロポをいただきました。
IMG_6634b.jpg

ラジコンを始めた頃にスタント機を飛ばしていた人が、「このプロポは落ちね〜んだよ」と言っていたのを思い出します。
高くて買えず憧れのプロポでしたが、40年越し?でオーナーになりました\(^o^)/
コメント(0) 

新サイズペラの具合 [パーツ]

コントラオリジナルの新サイズプロペラを使ってみました。
(23.25 x 20.25F、22.75 x 22.25R)

IMG_6394_b.jpg

まだ初日なので断言は出来ませんが、結構良さげです。

今まで使っていたコントラオリジナルの22x20F/22x22Rに比べ、

スローから中スローにかけてトルク感が増えて飛ばし易く感じられました。

ブレーキは更に効くようになります。

飛行後の電池残量も殆ど変わらないようです。

ちなみに、エンドポイント100%だと電流値が100A超えになるため下げてます。

大径ペラをユックリと回すというセオリー通りのペラですね。





コメント(0) 

ハットリ廃業 [パーツ]

週明けにショッキングなニュースが入りました。

ハットリモデルが4/20で営業終了です。
http://www.hatori-models.co.jp/HP3/top.html

既にマフラーの新規製造は止めていて在庫パーツだけの営業でしたが、
とうとうそれも終えてしまうそうです。

創業以来四十数年ということなので、お世話になった方も多いと思いますが、
残念ですね。

当店でも最後の仕入れはかけましたが、在庫限りとなりますので、
買い占め防止のため1回に買える販売数量に制限をかけさせていただきます。
ご了承願います。

代替品はマフラー工房YSからも出ていますので、ご検討ください。

コメント(2) 

Hyperion製G7 シリコン-グラフェンのインプレッション [パーツ]

Hyperion製G7 シリコン-グラフェン 5S 5200mAhを使ってみました。
(リポモード充電なので、容量は5100mAh相当です)
HP-G760C5200S5_1b.jpg

なんじゃ、こりゃ~~~の凄いパワーでした。

離陸からして違和感ありまくりだったのですが、インメルマンの45度上昇で
加速がハンパ無いです。
2~3回は慣らしでおとなしく、、、と思っていましたが、P-17やっちゃおうと
急遽予定変更です。

スロットルを不用意に上げると、ガツンとスピードが出ちゃうので苦労しましたが、
ファルコンの21.5x13では経験したことがない引きでした。
試しに垂直上昇でフルスロットルにしたら、、、ロケットのように加速します。
下りは程よくブレーキがかかっています。

飛行を終えてバッテリー残量を測ってみたら、25%残でした。
5100なのに、いつも使っているFULLYMAX5500と変わりません。
飛行中の最大電流は73AとFM5500時の70Aより流れていました。
内部抵抗が低いのでしょう。

なるほどね~です。

FM5500より50g軽い+パワーがあるのでスロットルを上げない=電費が良い
ということだと思います。

ドッカンパワーは、スロットルカーブ変更や上限カットで対処できそうです。
50gも軽いので下りスピードもゆっくりで、演技がしやすくなると思います。

F3Aの場合、パワーは不要というのが定説でしたが、こういうアプローチの
仕方もありだなと思いました。






コメント(0) 

APC電動用カーボンプロペラ [パーツ]

下記のAPC電動用カーボンプロペラを試してみたのでインプレッションを報告します。
IMG_3988.jpg

まず、21.5x13EPNCですが、かなり引きます!
グラスペラの21x13Eが全然引かないのに比べて雲泥の差でビックリです。
音も静かで、グラスペラのような剛性が足りないことによる音は出ませんでした。
飛行を見ていたクラブ員からは、機体のスワリも良いのでは?との意見が。

次に21x13.5EPNCですが、更に引きます。
ファンタEVOはかなり抵抗がある機体だと思っていたのですが、おかまいなしに
引っ張り、メイズリック21x14EL並だと思います。

どちらのペラもAFR100%で飛ばしたので、上限を下げてカーブも変えれば
充分使い物になると思いました。

なお、両方に共通しているのは、ストールターンが難しくなったことです。
いつも飛ばしているファルコンのスロットル位置ではラダーへの風量が少ない
のか、うまく回ってくれません。
推測ですが、ペラ重量がある分、レスポンスが悪いのかもしれません。

電流や回転数を測ったところ、数値的にもファルコンとメイズリックの中間で
あることが確認できました。(OSベルトダウン、MC9100、FULLYMAX5500)
・APC21x13.5EPNC 75A/6400rpm
・APC21.5x13EPNC 75A/6460rpm
・メイズ21x14EL 78A/6300rpm
・FAL21.5x13EⅡ 70A/6500rpm

価格はメイズリックやファルコンの半額程度とリーズナブルです。
重量は40g重いので、それなりのデメリットもありますが、選択肢のひとつに
なると思います。

・APC電動用カーボンプロペラ 21 x 13.5EPNC
・APC電動用カーボンプロペラ 21.5 x 13EPNC



コメント(0) 

18MZ/18MZ-WCアップデーター [パーツ]

18MZ/18MZ-WCアップデーターが出ていますね。(Ver.2.7)
殆どテレメトリー関係の変更です。

このバージョンからテレメトリーデータのMIN/MAX値が表示できる
ようになったのが嬉しい変更です。
今まで電流値は地上で機体を誰かに押さえてもらって測定していましたが、
これからは一人で出来るようになります。
電圧も最低値が分かるので、飛行中にどこまで下がったかの確認が
すぐに出来るようになるでしょう。
センサーを付けていない人でも、受信機用バッテリーがかなり電圧降下
していることにビックリすると思いますよ。

あと些細な事ですが、ダウンロードの際にシリアルナンバーを入れなくとも
良くなったみたいです(いつから?)
取り敢えずダウンロードしておくのに便利になりましたね。

ソフトウエアダウンロード(FUTABAサイト)

コメント(0) 

ファンタEVO用機体スーツ [パーツ]

ファンタEVO用の機体スーツを新調しました。
IMG_3811.jpg

国産ではOMスーツがメジャーですが、今回はお客様から紹介いただいた方に
製作してもらいました。

比較すると、かなりしっかりした作りになってて、クッションのボリュームも多く、
傷やダメージをかなり防いでくれるものになっています。
経緯を聞いたら、OMスーツを研究して更に良いものを目指したそうで納得です。

自作すると普通はキルティング生地しか手に入らず、クッション性に不満が
あったのですが、これなら大満足です。
お値段もOMスーツより安かったのも嬉しかったです。
色はブルーも出来るそうなのですが、他のスーツと被ってしまうので、
敢えてオレンジにしました。車から出すとかなり目立ちます(^_^;)

主翼は、分割翼が2枚入る構造になっています。
カンザシパイプや小物を入れられるポケットも付いています。
嬉しいのは取手が付いていて、持ち運ぶのに便利なことと、
当店のウイングケースにもちゃんと入ったことです。
IMG_3813.jpg

胴体用はカナライザーを取付けたまま被せられる構造になっているのは、
他のスーツと同じです。
IMG_3814.jpg
IMG_3812.jpg

紹介しておいてなんですが、一般販売は考えておらず個別に依頼された方のみに 作っているそうです現在、依頼は受け付けていないそうです。


コメント(0) 

ジュラ製サーボホーン [パーツ]

ラダーサーボ用ホーンですが、ジュラ製の延長ホーンに替えました。
IMG_3715_edited-1.jpg

ラダー側にはh=20mmのベルウッド製ホーンを付けたのですが、
ちょっと高さがありすぎで、舵角を多く出来なかったので、サーボホーン側を
伸ばす必要があったためです。

フタバの大径サーボホーンでは、一番大きいもの(G)で19.5mmです。
探したらOK模型からアクロ用ホーンが出ており、1インチ(25.4mm)と良さそうでした。
ところが現物を確認したところ、ネジ穴がM2.6で開いており使えません(T_T)
ちょっと内側の22mmのところにM2のネジ穴を開けて使用することにしました。
これでも約1割舵角が多く取れるので、あとは飛ばしてみて確認です。
削り出しジュラ製なので剛性は高く、BLS175のトルクにも負けないと思います。

(軽量リンケージのためにカーボンロッドにしましたが、私のアイデアではない
加工をしており、発案者の了解を得ていないので公開できません。スイマセン)

コメント(0) 

FULLYMAX 5S 6300mAhリポ [パーツ]

先日5500mAhリポを紹介したばかりですが、顧客より更に大容量品の要求があり、

6300mAhリポが入荷しました。

FM5S63A30C_1b.jpg
FM5S63A30C_2b.jpg

サイズは、驚いたことに5800とほぼ同じでした。(正確には、幅が約2mm大きい)

FM5S63A30C_4b.jpg
FM5S63A30C_5b.jpg

重量を測ったら、5800から微増というレベル。スペック的には675~685gです。

5500も軽かったので、新しいセルは進化しているようです。

FM5S63A30C_3b.jpg

FULLYMAXのラインアップにはある製品なのですが、ある程度数量がまとまらないと

製造できないそうなので入荷に時間はかかるようですが、こういうのも扱っています。

ご興味があったら、問い合わせください。

問い合わせ

コメント(0)