-->
So-net無料ブログ作成
検索選択

第56回静岡ホビーショー [ラジコン]

静岡のホビーショーに行ってきたので、新製品の紹介をします。
IMG_5162.jpg

まずは、フタバから新しいプロポとして16SZが発表になりました。
IMG_5164.jpg
IMG_5166.jpg

名前のとおり、18SZの廉価版です(フタバの人がそう言っていた)
出来ることは18SZと全く変わらないそうで、筐体にメッキパーツを
余り使わないようにして、スティックは14SG相当品を使ってコストダウン
した結果、定価89,000円というリーズナブルな価格に出来たそうです。

確かに、見た感じはちょっと安っぽいかなぁ?
でも、スティックの操作性は悪く無かったですよ。
ポテンショメーターも高級品を使っているそうなので、長期間の使用でも
不具合が出にくくなっているそうです。
設定画面もタッチパネルで操作性も良いし、この価格はスゴイなと思いました。

あと、私の勉強不足でしたが、18SZもバージョンアップを重ねて18MZと
全く同じ機能になっているそうです。
出た当初、ロジックスイッチのヒステリシスが使えないとブログに書きましたが、
ここで訂正します。
もしろん16SZも同様で、スタント機に必須なコンディションが使えるので、
プロポの選択肢が増えたのは良いことだと思います。

次の目玉は、YS DZ200です。
IMG_5170.jpg
IMG_5171.jpg
IMG_5172.jpg

ストロークは185と同じでボアアップです。
見た感じもシリンダーが太ったように見えました。
ヘッドだけがバレル研磨されていて、クランクケースは以前と同じです。
当然、チェックバルブは新型です。
185RED仕様のヘッドカバーと赤色レギュレーターは付かないそうです。
ちなみにマウントはYSマウント3から変更なしです。
7月には発売したいと山田社長さんが言っていました。

IMG_5174.jpg
YSから飛行機用マフラーが出ます。
パワーパイプのロゴが刻印されていてカッコ良さそうです(現物の展示無し)
んっ?どこかで見たような?
ハイ!マフラー工房から出ているF3A Contest IIIと同じものだそうです(^^♪

おまけ
フタバからリーズナブルな価格のサーボが出ます。
IMG_5167.jpg

受信機用リフェも多種出ます。
CCI_000004.jpg
800→900mAhになっていたり、1800mAhもかなり軽くなり105g→92gです。
リフェも進化しているそうです。

おまけ2
タミヤのブースにF1マシンのティレルP34が飾ってありました。
世間をアッと言わせた6輪車で、もう40年以上前のマシンです。
当時、一般的だったフォードコスワースDFVエンジンも初めて見ることが
出来て感動でした。
昔、このラジコンカーを持っていましたが、復刻版を出すそうです。
IMG_5175.jpg
IMG_5176.jpg
コメント(2) 

委託販売品(2機) [ショップ]

委託販売品に90サイズとフルサイズのスタント機を登録しました。

WILDBEAT(MK製ワイルドビート)
wildbeat_1b.jpg

Asyuler(OXAI製アシュラー)
Asyuler2_1b.jpg
コメント(0) 

SPF製作(完全生地完成) [SuperFantasista]

SPFが、やっと完全生地完になりました\(^o^)/
IMG_4204.jpg

気になる重量です。
Weight_20170506.jpg

生地完より軽くなっている(?_?)

実は、クリアーキャノピー仕様からグラスキャノピー仕様に変更したからです。
約100gの重量軽減はインパクト大でした。

これから塗装工程です。
コメント(0) 

DZ 200が出るよ [エンジン]

かねてから噂のあったYS DZ 200が出ますよ~

今のところ写真は無いのですが、来週のホビーショー(5/11~14)で
発表になります。

価格(税別)
DZ 200 cdi-M 100,000円
DZ 200 cdi 93,000円
DZ 200-M 89,000円
DZ 200 82,000円

詳細が分かりましたらupしますので、お楽しみに!
コメント(0) 

Super Fantasista バルサキット入荷 [ショップ]

Super Fantasistaのバルサキットが発売開始になりました。
国産バルサキットが増えるのは嬉しいですね。
IMG_4176.jpg

カーボン整形品です。
どれも軽量で仕上がり良く出来ています。
IMG_4177.jpg

ノーズカウルはスラスターが一体で整形されており、使う場合は
切り離して付けるようになっていました。
また、ごーまるコントラドライブを付けても当たらないように、
カウル形状が見直されているようです。また、サイドスラスト変更用に
ケガキ線も入っているので、加工しやすそうです。
IMG_4181.jpg
IMG_4180.jpg

とても軽そうなバルサが入っています。
また、パーツナンバーも刻印されているので、部品探しに苦労することが
無さそう。プランク材もレーザーカット済なので、至れり尽くせりのキットです。
IMG_4182.jpg
IMG_4193.jpg

胴体と主翼の構造です。
(2次使用防止のためボカシかけてあります。見難くてスミマセン)
IMG_4189.jpg
IMG_4194.jpg

カナライザーも主翼同様の楕円翼になっておりカッコ良くなりました。
なお、水平尾翼は敢えて楕円翼にしないみたいです。
IMG_4195.jpg

Super Fantasista (国産バルサキット)
コメント(0) 

第484回検定会 [ラジコン]

ゴールデンアローで開催された検定会に参加してきました。
今年初のお受験になります。
受付開始早々に、人数オーバーのため〆切になるほどの大勢参加(67名)でした。

朝の開会式模様
空域が広く、大変飛ばしやすい飛行場でした。
IMG_4173.jpg

理事長挨拶
IMG_4174.jpg

待機中
IMG_4175.jpg

自分の番になり、それほど緊張はしなかったのですが、何か全然ダメでした。
あと、風向きがコロコロ変わり、着陸時は完璧に追い風。
センター着陸出来たのは奇跡的でした。
ハイ、結果は玉砕でした。

練習不足(言い訳だな~)

午後からは前風強風になり、皆さん苦労されていたようです。
役員、クラブ員の皆様、ありがとうございました。
次回は須賀川にエントリーしました。

コメント(0) 

SPF製作(主翼補強) [SuperFantasista]

主翼犬歯部の補強をしました。
EVOで切り欠き部からクラックが入ったのを見たことがあります。
プランクが犬歯部で切られていますから、どうしても応力集中しやすいようです。

やり方は色々あるようですが、私はマイクログラスをポリ樹脂で貼っています。
面積も小さいので、重量増加も僅かだと思います。
この方法でEVOを作り、1年間数百フライト大丈夫でした。
IMG_4166.jpg

四角で貼るとエッジ部で応力集中するので、菱形にしています。
サーボベッドエッジもクラックが入りやすい箇所なので、一緒にカバー。
ポリ樹脂で貼った後に、クリアファイルを上に載せてスポンジでプレスします。
IMG_4167.jpg
IMG_4168.jpg
PP(ポリプロピレン)製のクリアファイルなら、ポリ樹脂にくっつきません。
また、適度な硬さがあるので曲面にうまく馴染み、平滑な仕上がりになります。
なお、PPでも若干ポリ樹脂に侵されるようなので、使い捨てになります。

樹脂が固まったら、ペリペリ剥がせます。(ちょっとドキドキする瞬間)
表面ツルツル、エッジもなだらかなので、後のパテ処理が楽です。
IMG_4169.jpg


コメント(0) 

SPF製作(水平尾翼) [SuperFantasista]

水平尾翼のカンザシパイプ固定用ビス加工します。
カンザシパイプにはバルサブロックが埋め込み済みなので、
穴を開けるだけの簡単作業で済みます。
キットにはタッピングネジが入っていますが2mmビス固定式にします。
IMG_4163.jpg

BJクラフトの機体はどれもそうですが、カンザシ胴体側パイプが入る穴が
キツイので、リューターで1mm程度広げてやる必要があります。
何故、この穴サイズをピッタリな設計にしてあるのか不思議です?
IMG_4164.jpg
余談ですが、使っているドレメルのリューターは40年モノです(^_^;)
故障無しで未だに使えるのはスゴイです。

ほぼ組立が終わったので、1回目のパテ打ちしました。
胴体にはタミヤのポリパテ。主尾翼にはOK模型のバルサパテを使っています。
どちらも作業性(研削性)が良いので助かります。
IMG_4165.jpg
胴体のFRPは、ガッツリ研ぐとピンホールが出やすいみたいです。
といっても、左右のつなぎ目段差を取りたいので削るしか無いし、、、

主翼の前縁部は楕円プランクによる歪みを補正するのにガッツリ
パテを盛っています。でもバルサパテなので重さは気にならないです。
ここでそれなりに仕上げとかないと、下地塗装のタルクによる重量増の
ほうが怖いです。
(トリビアですが、タルクって石から作られているって知ってました?
 滑石という一番柔らかい石を砕いたもので、ベビーパウダーやチョークの
 原料でもあるそうです。へ~)


コメント(0) 

SPF製作(主脚取付け) [SuperFantasista]

生地完キットには、安達製作所製軽量カーボン脚が付きます。
インサートナットが付属するので圧入します。
普通はボルト4本で固定ですが、内側2本は差し込み式にしました。
私は移動時に脚を外しているので、脱着を楽にする為です。
IMG_4161.jpg

脚の台座形状と胴体の穴位置が合わないので新たに穴を開けました。
(説明書には穴は3箇所あると書いてありますが、私の機体は2箇所のみでした)
IMG_4160.jpg

胴体の脚差し込み穴から覗いた写真です。(分かり難くてスミマセン)
IMG_4162.jpg


コメント(2) 

SPF製作(キャノピーラッチとカナライザー) [SuperFantasista]

キットには胴体側に付ける方式のキャノピーラッチ部品が付属しますが、
ラッチは1箇所のほうが楽だろうと思い改造しました。
使ったのはOK模型のキャノピーラッチDXです。
アルミ削り出し品なので、頑丈なのに軽量なラッチです。
IMG_4158.jpg
もしラッチが剥がれた場合の保険として、ラッチは胴体側に付けたいところですが、
取り付け場所が狭くて入りそうにないのでキャノピー側に付けました。
かなり頑丈に接着しないと、、、
因みにキャノピーと胴体の合せ目は、殆ど修正の必要がない程、ピッタリです。
パテ修正が最小限で済みそうなので嬉しいですね。

最終的な取付けは塗装後なので、取り敢えず借り付けです。
純正のラッチが付く箇所には位置決めピンを付けておきました。
IMG_4159.jpg

カナライザーは標準的な取り付け方法で、前はビス止め、後ろはピン方式です。
前側にはベニヤ板を埋め込みましたが、この方法だとビスを強く締めると、
沈み込んで歪むんですよね。瞬間接着剤をガンガン流し込んで固めてはありますが、
堅木を埋め込んだほうが良かったかも。
IMG_4156.jpg

FRP製カバーは後で付けます。
IMG_4154.jpg
コメント(0)