So-net無料ブログ作成

ロゼッタシャークメカ済み(完了) [製作]

ロゼッタのメカ済みが終わったので、最後のESC設定は外で実施。
いくら新品を使っていても、家の中で確認するのは危険です。
念のため、消化器も準備してやりましょう。
IMG_4045.jpg

無事完了\(^o^)/
お待たせしました!




コメント(0) 

ロゼッタメカ済み(モーター他) [製作]

今日は天気が良く飛行日和だったのですが、メカ済みが終盤なので、
せっせと作業してました。

モーターとESC積みました。
クライアントが以前買ってあったというベルウッド製です。
もう、手に入らない貴重なユニットです。
IMG_4039-1.jpg

RSセット関係は、配線がスパゲッティにならないように配置するのに、
毎回悩みますが、今回もスッキリレイアウトが出来ました。
IMG_4040-1.jpg
IMG_4042-1.jpg
IMG_4041-1.jpg

主翼の迎角をチェックしたら、左右で0.3度違っていました。
アナログメーターだとこのぐらいは違いが分かりませんが、
デジタルだとしっかり数値に出るので気になります。
迎角調整ネジ2回転分ですから、ほんのチョットです。
(表示されている数値に意味はありません)
IMG_4044-1.jpg

あともうちょっとで完成です。

コメント(0) 

ロゼッタメカ済み(ラダー編) [製作]

ラダーサーボのメカ済み完了しました。
IMG_4036.jpg

クライアントの要求でサーボは後部積み。片持ちダイレクトリンケージです。
この載せ方だと左右の舵角が変わってしまうのが普通だと思うのですが、
ATV(エンドポイント)弄らずに同じ舵角に合わせ込み出来ました。


コメント(0) 

ロゼッタメカ済み(エレベーター編) [製作]

ロゼッタのエレベーターのメカ済みをしました。

水平尾翼の断面が分かるので、正確なリンケージをするために
方眼紙に型取りして、リンケージの検討をした結果、
12.5°前にホーンを傾ければ良いことが分かりました。
エレベーター側はホーンを一番前に取付けても6°しか取れなかったのですが、
動作角はアップダウンで殆んど同じだったので良しとしました。
(普通、エレベーターはアップ/ダウンで舵角を変えるので、角度を厳密に
 合わせる必要は無いと思います)
IMG_4025.jpg

サーボホーンを特定の角度に回転させる方法は以前紹介しましたので、
そちらを御覧ください。
IMG_4028.jpg

サーボベッドに隙間があるので、厚紙を貼り付けてビス穴を開けます。
IMG_4026.jpg

サーボに取付けたロッドに合わせて、調度良い位置に
エレベーターホーンを取付けました。
IMG_4029.jpg

エレベーターリンケージはこんな感じです。
IMG_4031.jpg

水平尾翼のメカ済みが完成しました。
IMG_4032.jpg

コメント(0) 

ロゼッタメカ積み [製作]

ロゼッタシャークのメカ積みを開始しました。
この機体は何機かメカ積みしていますが、このブログではお初になります。
IMG_4013.jpg

まずはエルロンサーボから開始しました。
ヒンジラインに対してホーン、ロッドが直角にするのが基本です。
IMG_4014.jpg

エルロンホーンのビス穴がヒンジライン上に来るようにします。
本当は三角定規を使ったら正確なヒンジライン上では無いのですが、
左右翼で同じ位置にはなります。
IMG_4015.jpg

ホーンを仮止めしたら、周囲を養生しておきます。
IMG_4016.jpg

エポキシ併用で固定するので、接着面を荒らしておきます。
ビス穴には低粘度CAを流して固めておきます。
IMG_4017.jpg

ホーンの裏側も平面を出すのと荒らしておきます。
IMG_4019.jpg

2.3mmロッドを使うので、ベアリングアジャスターに先タップをたてます。
仕上げタップを使うと、ロッドがスルスルになっちゃいます。
IMG_4020.jpg

ホーン側はテーパードリルで穴を広げます。
これはOK模型から出ているのですが、便利ですよ。
IMG_4021.jpg

エルロンリンケージが完了しました。
IMG_4022.jpg



コメント(0)