So-net無料ブログ作成
検索選択

今日の飛行場 [飛行機]

タベさんのファンタEVO(ヒコ爺さん製作)と2ショット撮りました。
IMG_4428.jpg
IMG_4431.jpg
IMG_4430.jpg

この2機以外にも完成済みがあと2機、製作中1機、製作未着手1機の
EVOがあるはずなのですが、なかなか揃いません。
6機揃ったら精悍でしょうね。

あと、暑くなってきたので、リポクーラーを作りました。
爆風仕様なので、15分で冷え冷えです。
IMG_4433.jpg
IMG_4434.jpg
コメント(0) 

ミトス125E初飛行 [飛行機]

先日完成したミトス125Eの初飛行に立ち会いました。
飛行前はちょっとバタバタ(後述)してしまいましたが、無事、初飛行となりました。
おめでとうざいます。
IMG_4340_b.jpg
(本人希望で、修正入れています)

初飛行内容ですが、エレベーターが物凄くアップトリムに。
指を離すとダーっと高度が下がるので、見ていて肝を冷やしました。
重心位置は設定通りですが、迎角は変更できない機体なので、
主翼や水平尾翼の確認はしていませんでした。
また、エレベーターの舵角も少なく、2倍程度に増やす必要あり。
ラダーの舵角も全然少ないです。エルロンはまあ大丈夫そう。
セバちゃんの推奨設定値は組み立てていて疑問でしたが、やはり変更の
必要あります。
トリムが取れた後は、落ち着いた飛びでした。
見ていて気になるようなクセも無さそうで、微調整の範囲ですね。

FMA-5065KV300モーターで、見ている限りは良い感じで引いていましたが、
顧客はパワー不足と言っていました。
クラブの方からは、デュアルスカイモーターが良いよとのアドバイスがありました。

なお、バタバタの顛末ですが、プロポの設定は私の送信機で行いました。
顧客の送信機にデータを移しモータを回そうとするも、スロットル半分以上
上げないとモーターが回り出しません。
色々確認したのですが、何が原因かさっぱり分からず、こういう時は
サービスに聞くしか無いと、OSの羽根田さんにTEL(ESCがOS製のため)

あっさり、解決しました\(^o^)/

原因は、スロットルディレーがONの状態で、ESCのスロットルポジション設定を
したせいでした。
ハイ→スローに遷移させるところ、ディレーがかかっているので、ちゃんと
スロー位置が設定できていなかったのです。
さすが、羽根田さん!即答でしたね。お世話になりました。
皆さんも設定時は気をつけてね~
コメント(10) 

ミトス125E組み立てメカ積み [飛行機]

依頼品のミトス125Eの組み立てメカ積みが完了しました。
DSC_0160_b.jpg
DSC_0161_b.jpg

SebArtの機体を組むのは初めてだったのですが、説明書は親切だし、
機体自体も精度良く作られていたので、難儀するような箇所は無かったです。

110クラスというより殆どフルサイズに近い大きな機体なのですが、
カタログ重量3800g(リポ除く)に対し、3540gで仕上がったので、
飛びが楽しみデス。


コメント(0) 

ファンタEVO.初飛行 [飛行機]

昨日、ファンタEVO.の初飛行を行いました。
トリム合わせ後に基本的なクセだけ確認して無事着陸。
クラブの皆さんから暖かい拍手貰い、嬉しかったです。
風が少し強くなったので、この1FLTのみで初日は終了。
ちょっとだけでしたが、戦闘能力が高そうな感触がありました。
昨夜は旨い酒が飲めました。
IMG_4270.jpg
IMG_4284.jpg
IMG_4271.jpg


コメント(9) 

ファンタEVO.完成 [飛行機]

ファンタEVO.完成。
EVO.(ドット)の意味はキメラ仕様wだから(製作途中から水平尾翼をEVOのに変更)
50プロの新ベルトダウンユニットがやっと来たので早速載せました。
今週末に初飛行予定です。
ちなみに重量は5Kgジャストでした。
DSC_0001.jpg

写真が多いので、別ページで見てください。

続きを読む


コメント(4) 

プロラインファンタEVO塗装完了 [飛行機]

キットから2年ちょっとかかってしまいましたが、ファンタEVOがやっと
塗り完成までこぎつけました\(^o^)/
IMG_3655.jpg

気になる重量ですが、2375gでした。
生地完成で1870gなので、塗装で500gも重くなってしまった(T_T)
塗装中の重量測定したので分かりましたが、着色の増加分が大きいです。
重量推移.jpg

各部の写真ですが、まずはキャノピー部。
こいつだけで200g以上あるので、カーボンキャノピーにすれば-100g?
IMG_3659.jpg

でも、せっかく作ったグラスコクピットが見たいし、、、
IMG_3661.jpg

ノーズ部にはNACAダクト付けました。
IMG_3667.jpg

胴体中央部の空気抜きにはカーボンシートを貼ってドレスアップ。
形状も少しイジりました。
IMG_3668.jpg

胴体後部にも空気抜きを追加。効果の程は?
IMG_3669.jpg

主翼と水平の犬歯部にもカーボン貼ってみました。
エッジ部の塗装が大変だったので、お薦めしませんが。
IMG_3673.jpg

胴体と主翼のチェッカーは、純正デザインで色だけ変更。
果たして視認性はどうでしょう。
IMG_3660.jpg

胴体腹のデザインは参考写真が無かったので、記憶とオリジナルのちゃんぽんです。
IMG_3662.jpg

主翼、尾翼のデザインも純正ですが、チェッカー色だけ変更です。
IMG_3666.jpg
IMG_3671.jpg
IMG_3664.jpg

カナライザーは、主翼と同じデザインに変更。ちょっとクドかったかも。
ちなみにFASSTestロゴも塗りですが、ちょっと失敗あります。(遠くから見て)
IMG_3672.jpg

垂直尾翼には、当店ロゴを入れました。
ちなみに、このロゴはペガサスをイメージしています。
IMG_3670.jpg

さあ、これからメカ積みだ~




コメント(4) 

昨日の飛行場 [飛行機]

お客様(ヒコ爺さん)のAscent GP初飛行に立ち会えました。
キットから塗り完成まで、4ヶ月で作られたそうです。速いですね!
純正デザインは見るからに塗装が大変そう。お疲れ様でした。
IMG_4174b.jpg

緊張の様子が伝わってきます。
IMG_4171b.jpg

綺麗な離陸です。
IMG_4172b.jpg

初飛行の感想を聞いたら、「良い飛びだったよ~」と喜んでいました。
確かにクセも少なさそうだし、良い機体ですね!


コメント(1) 

Essence EP組立メカ積み-8 [飛行機]

フロントマウントの補強を行います。
使用するのはポリ樹脂、マイクロバルーン、筆、ミキシングスティックです。
IMG_3626.jpg

ポリ樹脂以外は、当店で扱っているものなので、ちょっとご紹介。
まずOK模型のマイクロバルーンですが、今までのガラス製バルーンに対し、
ウレタン系素材を使用しているので、重さは何と1/2です。
元々軽いマイクロバルーンが更に軽くなり、たくさん使っても気になりません?
筆とミキシングスティックは使い捨てでも気にならない安価な商品です。

フロントマウント部を養生し、マイクロバルーンを混ぜたポリ樹脂で補強です。
IMG_3628.jpg

この機種は、水平尾翼にフィンが付きます。
機体スーツの脱着時にじゃまにならないよう、取外し式にしました。
2mm厚の塩ビ板を削り、ガイドレールとしました。フィルムに接着せず、
ヒンジラインテープを貼った上に両面テープで固定です。
強度が心配でしたが、揺すった感じでは大丈夫そう。
IMG_3631.jpg

メカ積みですが、今回はすべて胴体側板に貼り付け方式にしました。
コード類が最短距離で接続でき、スッキリと配置できました。
IMG_3640.jpg
IMG_3638.jpg
IMG_3639.jpg

完成しました。
IMG_3633.jpg
IMG_3632.jpg
IMG_3637.jpg

完成重量は4,820g(FM5000リポ時)、4,955g(PM LW6000時)でした。
明日発送予定です。


コメント(0) 

Essence EP組立メカ積み-7 [飛行機]

脚の取付けにあたり、座付きナット付きベニヤ板が入っているので、
脚付け根が当たる箇所をちょっと削ります。
ファンタ等のキットは、脚に直接座付きナットを付けましたが、どういう理由か
分かりませんが、この機体はこういう仕様みたいです。
IMG_3606.jpg
IMG_3613.jpg
IMG_3614.jpg

主翼にオリジナルステッカーを貼ります。
随分前にステッカーの貼り方を紹介しましたが、また改めて。
使う機材は、中性洗剤を水に1滴垂らした霧吹き、スキージ、ウエスです。
IMG_3616.jpg

まず、フィルム表面に霧吹きをかけて、綺麗に拭き取ります。
汚れ、異物を取って綺麗にするのが目的です。
IMG_3617.jpg

フィルム表面とステッカー裏面に霧吹きを十分かけます。
ボタボタ垂れるくらい濡らすのがコツです。(水の膜を作るため)
ステッカーの糊面に触らないように注意です。
IMG_3618.jpg

フィルムの上に端から載せて、なるべく気泡が入らないように位置決めします。
この時点なら、多少の位置調整が可能です。
ステッカーの上にも十分に霧吹きします。(中性洗剤が潤滑剤代わりになります)
IMG_3619.jpg

スキージで端からしごいて、水分を追い出していきます。
多少入ってしまった気泡もここで丹念に追い出します。
ちなみに、私が使っているスキージはホームセンターで売っているものです。
タイル張り等の工事に使うウレタンスポンジ製のキメの細かいのが良いです。
IMG_3620.jpg

ウエスで拭き取ります。
IMG_3621.jpg

綺麗に貼れました。
IMG_3622.jpg




コメント(0) 

Essence EP組立メカ積み-6 [飛行機]

主翼迎角調整用パーツの組立。
IMG_3595.jpg

胴体内に装着しますが、外から見えないので、角度が合っているか
水準器で確認しながら接着。(他にうまい方法ある?)
IMG_3598.jpg

胴体には丸穴しか開いていないので、迎角が変更できるよう長穴に加工。
テンプレートが付いているので、リューターで削ります。
IMG_3600.jpg

こんな感じ。
IMG_3601.jpg

水平尾翼ですが、カンザシアウターパイプが擦れるので、
軽く動くように削ります。
BJ CRAFTの機体は、どれもこの追加加工が必要ですが、レーザーカット
なんだから、最初から大きくしておいて欲しいところ。
IMG_3599.jpg

胴体側のアウターパイプは、ベアリング無しのパイプのみ仕様。
ガタが大きくならないか心配です、、、
胴体に接着する前に、主翼と角度が合っているか確認要です。
この機体は大丈夫でした。
なお、スペーサーとしてベーク板を挟むようになっていました。
IMG_3602.jpg

尾翼カンザシ固定用のビス穴を開けます。
向こう側に貫通しないように。
IMG_3604.jpg

水平尾翼完成です。
IMG_3605.jpg


コメント(2)