So-net無料ブログ作成
検索選択

Hyperion製G7 シリコン-グラフェン HvLi [ラジコン]

ハイペリオンから新発売のG7シリコン-グラフェン HvLiが入荷しました。
HP-G760C5200S5_1b.jpg

呼び方ですが、一般的なリポとは違うので、表現に悩みます。
「HvLi:えいちぶいえるあい」だと舌を噛みそうです。
略して「シリグラ」、、、う~ん、イマイチだなぁ(^_^;)
ラベルに書いてある「G7 Hv」か「Hv シリコン-グラフェン 」でしょうか?
(私ごときが勝手に言っているだけ)

Hvなので、充電設定電圧4.35VがMAXになります。
MAXと書いたのは、一般的なリポ電圧である4.2VでもOKだからです。
リポ(4.2V)モードで充電した場合、表示容量以下となるだけです。
今回入荷した5200mAh品は、リポモードで充電した場合、5100mAhの
容量となります。

通常のリポ充電時に間違えてHv設定で充電しちゃうと発火の可能性も
あるので、LiPo設定(4.2V)で充電することをお勧めします。
(充電器のメモリーにHvの設定が無ければ、間違う可能性が減る)
そもそも、F3AではHvバッテリーをフル充電して使うと規則違反になります。
(4.35V x 10本 = 43.5Vなので、規則の42.56Vを超えてしまう)

このバッテリーの特徴は、耐久性の高さにあります。
謳い文句に、膨らみにくいとか500サイクル可能とか、ホントか?と
疑うような表現が載っています。

重量は、FullyMax5000やPowerMagic5200とほぼ同じです。
価格は約1.5倍なので、話半分の250フライトもてば、コスパ良いと
思うのです(普通のリポが100フライトくらいだとして)

出たばかりなので実績は無いですが、早速使い始めた方がいますし、
私も使ってみる予定です。
近いうちにインプレッションをお知らせしたいと思います。

最後に、商品名に60CとありますがMax値なのでご注意ください。
通常の使用範囲は25~30CなのでFullyMaxやPowerMagicと同等です。
また、表示値よりも実際に使ったときのパンチ力のほうが説得力あったり
するので、参考値ですね。

Hyperion製G7 5S 5200mAh シリコン-グラフェン HvLi
コメント(0)