So-net無料ブログ作成

ファンタ修理 [Know How]

先日、着陸失敗で主翼に穴を開けてしまいました。
IMG_3781.jpg

新しい機体なのでガッカリですが、綺麗に直してあげるぞ!
と、気持ちを入れ替えて修理開始です。

図面を当ててみたら、陥没部はちょうどリブ間だったのでラッキー!
ザクザクと切り抜きました。
こういう時、キットから作ると内部構造がよく分かるので助かります。
IMG_3782.jpg

前側スパーが若干押された感じだったので、CAを流して補強。
ファンタ犬歯翼は、この部分にもスパーがあり、強度確保しているのです。
リブは見える範囲では大丈夫そうだったので、一安心です。
裏打ち材を貼り付けて、接合強度を確保しました。
IMG_3783.jpg

陥没した箇所を出来るだけ平らになるように補修出来たので、嵌めこみました。
無垢のバルサを貼り付けるよりは、綺麗に仕上がると思います。
接着剤が乾くまでマチ針で固定です。ここにCAを使うと、もしもの失敗時に
取り返しがつきません。
IMG_3784.jpg

パテ埋め前に周辺部も含めて脱脂、足付け研磨します。
私が使っているのは、石原ケミカルのユニコン足付け洗浄剤113です。
これを使えば、どんな表面処理剤(ワックス等)が塗ってあっても、
後々の塗装作業でハジキが出ることは無いです。
IMG_3794.jpg

パテ埋め~研磨します。
1回では綺麗に仕上がらなかったで、納得がいくまで何回もやりました。
平らに貼り付けたつもりでも、かなり凸凹がありますね。
IMG_3788.jpg

切り取ったエッジ部のバルサ面が出てしまったのと、強度が心配だったので、
絹を貼りました。以前、パテだけで終わらせたら、バルサ部が最後まで目が
止まらず、悲しい仕上がりになった経験があります。
IMG_3789.jpg

絹を貼ったので、シーラー~サフと下地塗装からやります。
面積は小さいですが、手間がかかるのは同じですね。
満足がいく下地になったので、カラー塗りの養生します。
IMG_3790.jpg

赤系は色の止まりが良くないので、最初にピンクを吹いておきましたが、
フェラーリレッドなので、そこまでやる必要はなかったかな。
クリアーも吹いて、鏡面仕上げに取り掛かります。

最近使っているペーパーは先日の新商品でも紹介したスーパーバフレックスです。
水研ぎタイプと違い研削度合いがよく分かるので、削りすぎて下地が出ちゃった
という失敗が無くなりました。
板金塗装屋さんでも多く使われているそうです。(というかプロ用です)
IMG_3792.jpg

最後にコンパウンドかけて完了しました。
言わなければ、修理したとは気がつかない出来だと思います。(自画自賛?)
IMG_3793.jpg



コメント(0) 

新商品紹介 [ショップ]

本日、ショップに登録した新商品のご紹介

YS製DZ185 cdi-M 【オマケ付き、限定2個】
DZ185CDIM_MH_1b.jpg

何がオマケかというと、先のホビーショーで発表された限定DZ185Red仕様ヘッドカバーを
付けちゃいます。
F2202_1b.jpg
入荷したヘッドカバー(YS純正ですよ!)がショー限定品ということで少数で、
次回入荷の見通しがたたないので、オマケにしちゃいました。
メタリック塗装済みのヘッドカバーなので、目立ち度抜群です。

更にオマケの第2弾は、通常は有償作業のブレークインもします。
以前のブログでも紹介しましたが、ブレークイン前に全分解し異物清掃してから
回しますので、後々トラブルが起こり難いと思います。

オマケたくさんの割に、価格もちょっと頑張りましたよ!
その代わり、限定2個とさせていただきました。

YS製クランクシャフト セット治具
T0010_1b.jpg
DZエンジンにはクランクシャフトリングがあるために、シャフトをクランクケースに
入れる際にすきまゲージを使ったり大変ですよね。
このセット治具を使用することにより、簡単かつリングを傷つけずに組み立てが
出来るようになります。
YSのHPに使用方法が載っていたので、転載します。


・カラーシュリンクチューブ青緑黄
MH031_3b.jpg
一般的なシュリンクチューブは赤、黒色のみですが、モーターとESCを繋ぐ線は3本
なので色分けしたいなと思い探しました。
MH031_5b.jpg
内径5mmと7mmを用意したので、殆どのコネクタに使えると思います。

スーパーバフレックス グリーン#2000
スーパーバフレックス ブラック#3000
MH032_1b.jpg
MH033_1b.jpg
今まで、塗装の仕上げ研磨にはバフレックスを使っていたのですが、
スーパーバフレックスは空研ぎで使うため、研削度合いが分かりやすく、
作業効率がアップします。
水研ぎだと、うっかり下地まで削ってしまう失敗がありましたが、これなら大丈夫。
ただ、空研ぎなので目が詰まりやすく、掃除を頻繁にしないといけないのですが、
メリットは大きいと思います。

FUTABA製R319DPS PCM1024-9chシンセサイザー受信機 72M
FUTABA製S9154 エルロン用デジタルサーボ(2個)
CONSIG035_1b.jpg
CONSIG034_1b.jpg
どちらも委託販売品です。
外観美品で、動作確認済です。

コメント(0) 

テレメトリー電流センサーSBS-01Cの設定 [Know How]

テレメトリー電流センサーSBS-01Cの設定について。

まず設置ですが、電流計はリポとESCの間に入れます。
また、SBS-01Cには電圧計も付いているので、これはコネクタ近くの+/―線に
ヒューズかまして、それぞれ接続します。
なお、消費容量をリセットするスイッチが付いているので、押しやすい位置に
設置すると良いと思います。
私はスイッチが押しやすいようにヒシチューブをカットしましたが、お好みで。
テレメトリー機器なので、受信機のS.BUS2端子に繋げば、機体側は完了です。
IMG_3761.jpg

送信機側の設定ですが、まずはシステムタイプをFASSTest 18CHにする必要があります。
普通は反応速度が速い12CHにしていると思いますが、仕方がありません。
IMG_3764.jpg

リンケージメニューのセンサーで、SBS-01Cを割り当てます。
電流計はスロット24が予め割り当てられているので、センサーのところをクリックし
電流計を選べば、自動的にスロット25と26にも確保されます。
IMG_3766.jpg

リンケージメニューのテレメトリーを見ると、電流、電圧、消費容量が追加されたのが
分かると思います。
ちなみにこの画面は使っていないセンサーは全て消したので、最初は色々な項目が
出ていて見づらいはずです。
IMG_3767.jpg

電流計をクリックするとこの画面になります。
ここで、アラーム、バイブ、音声が設定できます。
IMG_3768.jpg

ホーム2をクリックし、表示するセンサーを選びます。
スロットと表示データで選びますが、3個しか選べないので、どれを表示するかはお好みで。
IMG_3769.jpg

最後に、テレメトリー設定でログON/OFFスイッチを設定すれば終了です。
IMG_3775.jpg

ホーム画面のホーム2をクリックすれば、右側にセンサーの値が表示されます。
IMG_3770.jpg

さて、肝心のログです。(電流、電圧だけ抜粋してグラフ化)
Flight_Log.jpg

青線が電流(左軸)、オレンジ色が電圧(右軸)です。
最初見た時は、自分のスロットルワークって、こんなにアバウトなの?とショック
でしたが、単にデータ取得間隔が粗かっただけでした。
テレメトリー間隔が1秒だったので、大雑把なデータしか取れなかったのです。

まあ、少ない情報ですが、貴重なデータが得られました。
・最大電流値は、地上、上空ともに87Amaxで変わらない。
・電圧は、最初のアイキャッチャーまでにドカンと下がり、あとはタラタラ。
・スロットルオン/オフで、電圧は約2.5V変動する。

上空では電流は少なくなると思っていましたが、目からウロコでした。
あと、着陸後にリポ電圧を測って、残り20%だから大丈夫と判断していますが、
それは無負荷の電圧なので、飛行時は2.5V程度下がっていることになり、
もしかしたら0%を切っている場合もあるかもしれません。
そりゃ膨らむこともあるなと思いました。
(私の機体データなので、モーターとかプロペラで値は変わると思います)

実は、ログデータを見て驚いたのですが、全ての蛇データも記録されていました。
今度は最小テレメトリー間隔の0.1秒でログを取ってみようと思います。




コメント(3) 

BATTERY-COOLING-BOX入荷 [ショップ]

BATTERY-COOLING-BOX(バッテリー クーリング ボックス:以下BCB)が入荷しました。
BCB-1_1b.jpg

飛行後の動力用リポを冷やすグッズです。(販売元はAir Craft YuGaさんです)
今の季節だと、飛行後のリポ表面温度は50℃を超えてしまいます。
(多分、内部はもっと高温)
電池は化学反応(酸化還元反応)で電流流すので、温度が低くすぎても
高すぎてもよくありません。
今の時期、ちょっと無理した使い方をすると膨らんで痛んでしまったり、
膨らまないまでも、なるべく早く冷やすことによって寿命が伸びる効果が
あるそうです。

BCBでは12cmの爆風ファン(山洋製)で強制空冷します。
前部から大量の空気を吸い込み、バッテリー部ではベンチュリー効果で
流速を早め、後部から素早く吐き出す構造になっています。
BCB-1_2b.jpg

実際にファンを回してみると、後ろにおいた紙類は吹き飛んでしまう程です。
リポが入るBOX部は、5S 4400~6300mAh×2に合わせたサイズになっており、
角度が変えられるハンドル(取手)によって、少し上向きにしてやれば、出し入れが
しやすくなっています。
BCB-1_3b.jpg

表面はクリアー塗装済みなので、長く使っても汚れにくくなっているのが嬉しい仕様です。
また、オプションになりますが、ユーザーネームやJPN番号刻印のサービスもあります。
(写真にある当店ロゴは特別に製作してもらったものなので、通常は文字だけです)
BCB-1_4b.jpg

動作やタイマーはマイコンで制御されているのですが、使うボタンは1個のみ。
通常は開始時にボタンを押すだけでメロディーとともにファンが回りだし、
終了時もブザーが鳴るので、終わったのが分かりやすくなっています。

タイマーは5分刻みの設定が出来ます。
初期設定は15分になっているので、あまり変更する必要が無いかも。

最後に凄い仕様の紹介ですが、なんと別電源が不要です。
飛行後のリポ(5S~10S)を電源に出来るので、本体だけあれば事足りるのです。
その場合、飛行後のリポで爆風ファンを回しても大丈夫なの?と疑問が湧きますが、
消費電流はたったの0.5A(実測)しか流れないので、15分回しても5000mAhリポで
1~2%程度しか使いません。もちろん、専用電源使うのも可。
また、10Sリポをつなぐ際にもスパークが出ないアンチスパーク回路も入っています。
この商品になるまで2年かけて評価したそうです。
至れり尽くせりの仕様で、最初に使った時、ちょっと感動してしまった(オーバーかな?)

取扱説明書 ←クリックすると別ウインドウで見られます。

BATTERY-COOLING-BOX(バッテリー クーリング ボックス)
コメント(0) 

第36回オールジャパン関東甲地区予選 [ラジコン]

題記の競技会応援に行ってきました。
場所は熊谷RSCで、7/30~31の2日間で2ラウンド競います。
2日目は天気の崩れが危ぶまれましたが、何とか持ちました。
でも、メチャ暑くてテントの外に出られません!

ピーカンとはいかないまでも、青空の元、コンディションは良かったようです。
IMG_4620_b.jpg

色々な方から、差し入れをいただきました。
小魔王さんのスイカ美味しかったです。
IMG_4618_b.jpg

Sさんからもアイスいただきましたが、写真撮り忘れてしまいました。スイマセン。
生き返りました。

早速の結果です。
19名+補欠4名が本戦(宇都宮)に選出されました。
おめでとうございます。(集合写真は順不同です)
IMG_4622_b.jpg
result_b1.jpg

結果表の見方ですが、下の方の1~10位が1日目の上位10位選手で、
2日目開始前に本戦出場決定となりました。
最初に書いたように、2日目の天気予報では午後から天気が崩れそうだったので、
2ラウンド成立させる為に、上位陣の入れ替えは殆ど無いだろうということでの
決定でした。表の上の1~9位が、実際には11位~19位に相当します。

ちなみに、関東甲地区の予選枠は15名だったのですが、他地区の辞退者が
多かったので、4名追加で19名となったそうです。



コメント(0)