So-net無料ブログ作成

テレメトリー電流センサー SBS-01C [ショップ]

5月のホビーショーで発表になった、FUTABAのテレメトリー電流センサー SBS-01Cが発売になりました。
308130_1b.jpg

リアルタイムの電流だけでなく、電圧と積算消費電流(フタバでは消費容量と表現している)も
測定し、テレメトリーにより送信機側で確認ができる商品です。

赤い太いコードは、リポとESCのプラス線間にブリッジします。
極性があるので、方向を間違えるとマイナスの電流表示になってしまうので注意。
ツイストペアになっている細いコードは電圧計なので、付属しているヒューズを
かまして、ESCのプラスマイナス線にそれぞれ接続。
あとはコネクタをS.BUSに接続して設定をすれば完了。
センサーは送信機側でちょっと設定が必要ですが、これはまた追って説明します。

私の機体(ファンタ)も電圧計を付けようと考えていたのですが、これが出るのが
分かっていたので、敢えて何も付けずに待っていました。

でも、周りを見回しても、電圧センサーすら付けている人は少ないですね。
というかテレメトリー切っている人も多いようです。
ノーコンになる不安材料はなるべく排除したいのだと思います。
テレメトリーがノーコンの原因と言っている訳ではないですよ。
いらない機能なら、切っておけばそれに越したことはないという気持ちだと思います。

でも私は確認したいので、”付けます”
感覚が研ぎ澄まされていない一般人なので、数値で見えるものに安心感を
覚えるタイプなのです。
例えば現在のF1なんてテレメトリーの塊みたいなものでしょ?
F1ドライバーなんて感性の塊みたいな感じがするけど、マシンの状態は
数値で見えてくるところもあるので付けているのだと思います。

何が見えてくるかは、やってみてのお楽しみ。
解析力が無ければ、豚に真珠、猫に小判、宝の持ち腐れ(くどい!)になるかもね^^;

テレメトリー電流センサー SBS-01C

コメント(0)