-->
So-net無料ブログ作成

O.S.F3A用モーターがブラッシュUP!! [ショップ]

圧倒的な実績があるOS製F3Aベルトダウンユニットが新しくなって登場します。

51020260_1L.jpg

51020270_1L.jpg

1点目はリダクションベルトのサイズアップ。

2段目(プロペラ側)のベルトの幅をサイズアップ(9mm→11mm)し、

歯飛びに対して強くなりました。

2点目はフローティング構造の変更。

従来のOリング式からサンシャインプロダクト製防振ゴム方式に変更。

これにより、飛行中の高周波的な音が消され、さらにマイルドなサウンドとなりました。

なお、OMA-4043-1160モーターは変更ありません。

従来モーターからの変更には、新リダクションユニットRU-02が便利です。

変更パーツのみを組み替えても可能ですが、変更箇所が多いため、それほど価格差が

でないのでメリットが少ないと、OSの羽根田氏が言っていました。

2016年3月末発売予定なので、現在予約受付中です。

OS製F3Aモーターリダクション OMR-4043-172II【予約】
OS製F3A用新リダクションユニット RU-02【予約】

【マル秘情報】
1.今回変更点のベルト幅11mm仕様は特注品だそうです。

このベルトはゲイツ・ユニッタ・アジア製の汎用品なのですが、

標準ではベルト幅9mmの上は12mmなのです。

幅が広ければ当然ながら抵抗も増えるので、強度とロスのせめぎ合いかな?

2.本家の50プロダクト製F3Aユニットも同様の仕様になります。

こちらはユニットだけの販売はしないそうですが、交換パーツの

供給はありそうです。詳細分かったらまたお知らせします。


コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント