-->
So-net無料ブログ作成
検索選択

スーパーAcuracy70(ヒンジ取付け) [飛行機]

今日はヒンジを取り付けました。
キット付属のヒンジは使いません。試しにバルサにスリット切って瞬間で付けた後、
バルサを剥がしたらヒンジの表面だけ一緒に剥がれましたから。
信頼のおけるOK模型製のイージーヒンジを使います。
お決まりのセンターラインを引いて準備完了です。
IMG_2993.jpg

付ける前に、スリットがセンターに開いているか確認です。
ズレている箇所があったので開け直しました。
でも最初のスリットは何故こんなに長いんだ?
IMG_3000.jpg

動翼側にヒンジを付ける前に、スリット中央部にφ2ドリルで穴をあけておきます。
理由は後述。
IMG_2997.jpg

ヒンジ中央のスリットと空けた穴を合わせたうえで、瞬間接着剤(CA)のノズルを
この穴に差し込み十分流し込みます。
穴を開けることによって、ヒンジの先端までCAが行き渡り、接着不良がおこりません。
IMG_2998.jpg

ヒンジを取り付けたら、硬化促進剤で固めてしまいます。
これをやらないと、CAの蒸気?でフィルム面が曇ってしまいます。
硬化促進剤はほんのちょっぴりかければ大丈夫です。
IMG_2999.jpg

動翼全てにヒンジが付きました。
ちなみにラダーは標準は3枚ですが、4枚に増やしてあります。
IMG_3001.jpg

主尾翼側のスリットは面取りします。
動翼をぴったり付けるのでヒンジに無理がかかるのを防ぐためです。
あとCAを流す際に、ここでくっついてしまう悲劇も防ぐことが出来ます。
こちらもドリルで穴を開けておきます。
IMG_3009.jpg

動翼と同様にCAと硬化促進剤で接着し完了です。
IMG_3010.jpg

また明日。

次の記事(サーボ取付)

コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント